柳緑花紅 つれづれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第4回富士山マラソン

<<   作成日時 : 2015/12/06 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の大会に続いて参加した2度目のフルマラソン

うす曇りで寒くて富士山も見えなかった昨年に比べ、
今年は晴天の中をきれいな富士山に見守られながら
河口湖・西湖畔の見事な紅葉にも彩られた幸運な大会となりました。

画像

この大会は、数ある、いわゆる”リゾート・マラソン”の中でも、
富士山を眺めながら自然の中をゆったりと走れて、
しかも首都圏からも近いことから、近年は国内外からも
多くの参加者(今年は全部で11000人余り)が参加する大会です。


画像


雄大な富士山や湖畔の豊かな自然の中を、自分のペースで、
かつ、同じゴールにひたむきに向かうたくさんの”仲間”とともに、
自分の体と対話をしながら4時間以上かけて走りぬくことができました。


年齢とともに、これまで勤しんできた競技スポーツ(特に球技)から
徐々に「スロースポーツ」へ軸足が移ってきつつあるのは、
やはり自分だけのペースでじっくりと体と向き合いながら取組めるという点、
そして、マラソン独特の精神性が合ってきているからなのかもしれません。

昨今は、市民ランナーが増加の一途(2013年には完走者数が28万人を
超えたとのこと)なのも、こうしたマイペースで取組めるという要素が
時代に合ってからとも考えられます。


画像




私は、身近にランナーがいて、その話を聞いて
1年前にマラソンへのチャレンジを決めました。
そして、始めてみれば、練習(ジョギング)を重ねる毎に、自分の走力がだんだんと上がってきて、走れる距離が伸びることを実感できました。


これまで数々のスポーツを愛好して来ましたが、この歳で、スポーツで
このように自分の力が向上することを感じられるものはありません。
大抵は、筋力やスタミナ、反射神経などの衰えを感じることしきりです。

それに、ジョギングは、いつでもどんな時間にでも、思い立ったときに
すぐに1人でできて、パートナーや特別な用具、グランドやコートなどの
場所の確保などは一切必要ありません。
まさに自分のペースでできますし、走っているときも、調子に合わせて
負荷を上げたり下げたり、走る距離やコースを変えたり、あるいは
気分によっては途中でやめたり、予定よりも多く走ったりすることも
できます。

あと、とても気に入っているのは、これまでは自動車や自転車などで
瞬時に通り過ぎていたところで、見落としていたものや思いもよらない
発見などがあることです。
何よりも、それまで通過していたときとは
まったく異なる景色や風景に出会うことしばしばです。


そうしていくうちに、これまでは10km以上という数字に対して感じていた
大変さ、億劫なイメージが取れていき、10kmや20kmなどは、少し頑張って
走れば到達できる割と”イージーな”距離というイメージに変わってきました。
つまりそれだけ自分の能力(走力)を向上、発達させることができたのです。

そうすると、たとえば職場のあった場所までは”たかだか12km”とか、
電車で乗り継いで遠回りして20分以上かかるN駅までは、
”たったの5kmほど”で30分くらい走れば着いてしまう、
というように考えられるようになったのです。
それだけ遠くが近くに思えるようにもなったということです。

また、郊外や地方の大会に参加すると、その地域の空気や風景、
そして、人々との交流、風味を味わうことなどができ、
旅の醍醐味とともに、まさに五感と体全体で、
その場所を体験することができるのです。

そんなこんなで、今回も、大会中と前後(2泊)の滞在を通じて、
河口湖周辺の秋を賞味することができ、
晴天続きの中、秀麗な富士山のお姿をも堪能することができた
素晴らしい3日間でした。

画像


そして、この余韻に乗じ、帰宅するなり、
またも仲間とともに
次のフルマラソンへエントリーをしてしまうのでした。。。




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第4回富士山マラソン 柳緑花紅 つれづれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる